平成28年6月1日から、「とび・土工工事業」に含まれている「工作物の解体」が独立し、許可業種区分に新しく「解体工事業」が追加されました。

これに伴い、解体工事業を営む建設業の方は、解体工事業の許可が必要となります。

 

ただし、現在、とび・土工工事業の許可で解体工事業をしている建設業者さんには、経過措置があります。

施行日から3年間は、とび・土工工事業の許可を有している限り、解体工事業の許可を受けなくても引き続き解体工事業ができます。

詳しくは、下記の国土交通省ホームページを御確認ください。

・新たな解体工事の技術者資格について
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000355.html