最近の相談で多いのが、個人事業を息子に譲りたいのだが、建設業許可はどうなるかということです。

建設業許可は個人で取得していますので、基本的に息子さんには建設業許可を引き継ぐことはできません。
息子さんが開業しても、新しく建設業許可を取る新規扱いとなります。

しかし、そこで一番問題なのは、息子さんを新しく「経営管理責任者」にする場合、
経営者としての要件(5年間or 7年間)を満たすことができないということです。

その際には、7年間、経営を補佐したという要件が必要です。
この要件を満たすには、様々な書類での証明が必要となります。

詳しくは、山口建設業許可申請.comにお問い合わせください。