【山口 建設業許可】で上位表示中の当サイトは早い者勝ち!山口の行政書士の方は今すぐクリック!

建設業許可とは?

建設業許可が必要な方とは

HE106_L建設業を営もうとする方は、建設業の許可を受けることが義務付けられています。

 

ただし、建設業許可が必要かどうかは、請負代金の額で決まります。

 

建設業許可が必要なのは、500万円以上(建築工事ならば1.500万円以上)の工事を行う場合です。

 

建設業許可の注意点

  • 建設業許可は、個人でも法人でも必要
  • 建設業許可は、公共工事でも民間工事でも必要
  • 建設業許可は、元請工事でも下請工事でも必要

 

建設業許可が必要ない方は

以下のような軽微な建設工事のみを行う場合、必ずしも建設業の許可を受けなくてもよいこととされています。(建設業法第3条)

 

建築一式工事 建築一式工事以外
1,500万円未満の工事または延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事 500万円未満の工事

※木造住宅とは、主要構造部が木造で、延べ面積の2分の1以上が居住用の住宅

  

 

今後大きな工事を請け負う可能性がある方は要注意!!

Open-folder-warning-256今は大きな建設工事を請けない方でも、今後500万円以上の工事を請け負う可能性のある方は、早めに許可取得の手続きをしておきましょう。

 

なぜなら、建設業許可を取得していないことで、大きなビジネスチャンスを逃すことがあるからです。

 

建設業許可を取得していないことで、500万円以上の工事が受けれないというのでは、何のために建設業を営んでいるのかわかりません。

 

元請業者からあなたの会社へ引き合いがあったときに、「うちは建設業許可を取っていないので、うちが建設業許可を取るまで待ってください」と言えませんよね。

 

その場合は、当然、あなたの会社ではなく、仕事は他の下請け会社に回ってしまいます。

さらに、一度引き合いを断ると、今後は元請会社から声がかからないこともあるかもしれません。

 

 

建設業許可を取得するには時間がかかる

建設業許可の取得には、申請書類が許可官庁に受理されてからおよそ1ヶ月かかります。

さらに、申請書類の作成準備には、その前に時間がかかります。

 

ですから、先ほども述べましたとおり、引き合いがきて「今から建設業許可を取ります」では間に合いません。

今必要でなくても、今後必要な業種については、あらかじめ建設業許可を取得しておくことをオススメします。

お気軽にお問い合わせください TEL 083-222-2222 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 山口建設業許可申請.com All Rights Reserved.